読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

映画鑑賞メモ「怒り」:最後の涙は愛、最後のまなざしは狂気、最後の絶叫はバイタリティ

映画鑑賞メモ

連休最終日に、「怒り」を観た。とんでもない映画。

観客の何人かが、「わけわかんねぇ」「連休最終日に、こんなムナクソ映画見なきゃ良かった」と言って帰っていきました。
つまり、圧倒的な傑作だということです。
ただ、心のエネルギーをつかう映画なので、決してカップルで観に言ってはいけない。幸せ真っただ中の人は見てはいけない。人間関係に迷う人だけ一人で行って、心してみるべき映画って感じです。

この映画には、愛する人を信じる/疑う/ 失う/ 取り戻そうとする、が綯交ぜにありました。

なぜタイトルが「怒り」なのか。

まっとうな幸せなんて1ミリも望めないのに、あがいてあがいて望んでしまう、「幸せ確度の低い人々」。
貧困・病気・家庭環境・育った場所・教育を受けられないとかいろんな事で、自分の「幸せ確度の低さ」を諦めなければいけないと知っている人々、でも諦められないという葛藤は存在するわけで。
その葛藤こそが、「怒り」。

映画中の殺人犯は、世界を呪い、怒っています。
怒りのあまり、厚意を受け取ることもできず、怒りが刺激され、殺人を犯します。
怒りの行先は、次なる怒りで、自分への怒りも他人への怒りの伝播も巻き起こします。

交錯する、3組のストーリー

  • 東京:クローゼットゲイのエリートサラリーマン・優馬(妻夫木聡)と新宿のサウナで出会った直人(綾野剛)。
  • 千葉: 家出娘愛子(宮崎あおい)とある日ひょっこり父親の職場に現れた青年・田代(松山ケンイチ)。
  • 沖縄: 離島の母親の恋愛沙汰で転校してきた泉(広瀬すず)と、無人島に勝手に暮らす奔放で優しいお兄さんの田中(森山 未來)。

3組のストーリーは独立したものとして進むけれど、風来坊的な男性との出会いで人生が変わっていく優馬、愛子、泉たちの心には、男性への愛情・信頼が育まれるのと同時に、「この人は八王子殺人の犯人では」という疑心が心に生まれてくるというのが共通点です。

【ちょっとネタバレ】愛子の慟哭の意味するところ

「信じる」という信仰を持たなければ、他者を愛することなんてできないですね。
田代(松山ケンイチ)を愛してしまった愛子(宮崎あおい)は、父親である洋平(渡辺謙)に「八王子殺人犯に似ている」と言われ、だんだんと田代を信じられなくなります。
その不信は、田代の失踪を招きます。
そして、愛子の慟哭。
その慟哭の意味は、とてもクリア。
小さいけども大事な大事な幸せを、自分の中の相手への疑念が壊してしまった、破壊スイッチを自分で押してしまったことへの慟哭とは、
破壊スイッチを押す前から、「あなたのこと、信じてないよ」とサインを送り、明確に言わなくても失踪の背中を押していた自分の疑念への「怒り」。

【かなりネタバレ】 最後の涙は愛、最後のまなざしは狂気、最後の絶叫はバイタリティ

  • 愛する人と死別してしまった人は、故人を信じきれなかったと悔やみ、涙を流す。
  • 愛する人を取り戻した人は、一生守ってみせると狂気を身にまとう。
  • 自分の不幸に胸を痛め、自分を守ってくれようとした人に気付いた人は、生きなければと決心する。

そんな、まっとうな・ありふれた幸せから外れた、「人生ハードモード」になってしまった3人の、未来が知りたいと思いました。
それは、私が、生きなければいけない未来。だから。

f:id:yukikuriyama:20160920160453j:plain

愛は、終わってみないとわからない

ただの日記

彼と死別して、半年が経とうとしています。
3か月ほど泣き暮らしながらも、うっかり絶対にGo liveするはずのない恋に手を出したり、結構まじめに結婚のオファーを頂いていたり、仕事は仕事でチャレンジの年なのでなかなかハードだったり、とまあ、自分の有限の生命をフル稼働しております。

他の誰かに恋をしたりなんだりしつつも、彼を思って泣かない日はない

  • ふっと声が聞こえたような、気配を感じたような気がした時。
  • 誰かが彼の口癖と似た言葉を言った時。
  • LINEのトーク履歴の一覧をスクロールしないと彼が出てこなくなったと気づいた時。
  • 夜のコンビニに、飲み物を買いに行く道すがら、自分の右側が空っぽな時。
  • アマゾンから届いたミネラルウオーターのダンボールを解体するのが面倒くさくて、むきーってなってる時。
  • 横で眠っている人が違う時。

亡くなった人を思って涙するのは、その人が自分の横に確かにいてくれた証

死別して1カ月は息巻いていて、こんな記事を書きました。
yuki-kuriyama.hatenablog.com

書いてからの数か月の方が地獄でしたね~。よくシャバに生還したと、我ながら思います。

なぜ生還できたかって?
えっちらおっちら憔悴した自分を引きずり生きながら、次第に、
「故人を思って涙するのは辛いけど、この悲しみというのはとどのつまり、その人が自分の横に確かに存在したという証を感じているということなんだ」と気づいたからです。

そして、
「これだけ泣けるだけの人を得られただけで、私の人生はなかなか素敵なんじゃないか・・・?」
と思うようになりました。
こうやって、「彼と死別した悲しみ」が、少しずつ「素敵な時間をくれた彼への感謝」に配分されてきたのは、ごく最近のことではありますが・・。

人間関係は続く限り、ナマモノ

生きている人間同士の関係性は刻一刻と変化します。
なので、いくら甘い日々があろうと戦いの日々があろうと、終わってみないと結果がどうだったかわからないのではないでしょうか。
(これは死別に限った話でなく、失恋・離婚とかも含め。)

だとしたら・・・
今、大事な人がいる皆さん。
おはよう、いってきます、行ってらっしゃい、おやすみって挨拶してね。
ごめんねとありがとうもちゃんとね。
あなたのこと大事だよって伝えてあげてくださいね。
今も1分1秒と、大事な人と過ごせる残り時間は縮まっているのですから。

人間関係はナマモノだということを絶望と希望のどちらでに捉えるかは、希望で捉えましょう!
そのくらいの勇気を持って生きた方が楽しいですよ。

愛は、終わってみないとわからない

私は彼との日々が終わって、予期せぬ終わりに泣き暮らした後、
「かわいい恋愛をしたな、それも全力だったな」
そう思いました。
100点満点じゃないけど、なかなかの愛だったと思っています。
この答え合わせは、50年か60年くらい先の天国で、彼をとっ捕まえてのお楽しみということで。

どんなに酷だって目をそらさないよ
全ての終わりに愛があるなら

桜流し

桜流し

勇気をもって、上司へのメールを減らそう、もっと面と向かって向き合おう。

わたしと労働

忙しいabove Managerは、メールなんて見る暇がない

コンサルティングファームに限定してしか経験が無いから狭い世界の議論かもですが。

これをいち早く察知した若手スタッフは、間違いなく成長します。
ここでの成長の観点は、「部下力」です。

なぜに「部下力」がコンサルティングファームで必要なのか?

「結論ファースト」「成果主義」と言われる世界で、自分より単価の高い人(先輩、上司)の時間を必要以上に奪うことは罪悪です。
できれば、ラリー数・時間をminにして、アウトプットできること。それが部下に求められることの一つです。
それができる部下は何と言われるか知ってますか?
あの子は、耳がいい(1言うだけで勝手に20も30もアウトプットしてくれる)」という言葉です。
これは、スタッフを高く評価する言葉の中でも、かなり褒められている言葉です。

メール書くときのマイルールを

「これ(情報)、メールで必要?」と考えてみましょう。

基本的なメールの構造

  • 1行目「お疲れ様です。」(挨拶)
  • 2行目「○○ の件、○ ○ です。」(結論)
  • 3行目「次のアクションとして、○ ○ をしようと思ってます。」(次のアクション提示)
  • 4行目「よろしくお願いします」(挨拶)

これで済むのです。

ルフレビューポイント

  • 「結論」~「次のアクション提示」この間が数行に渡るときは、情報メタボかな?と疑ってみてください。
  • 自分が3秒しかメール見る時間がないとして、「このメール、頭に入ってくる?」と考えてみてください。

大抵、「これ、メールでする話じゃないわ」と気づく

そうなったら、次にすることは、F2F(対面、Face to Face)で上司にクイックに報連相する方法を考えましょう。

  • 1分?5分?きちんとレビュー時間をもらうべき?時間設定から考えます。
  • 次に、与えるべき情報が必要なものかを考えてみます。

インターナルメールは軽いリマインドや証跡のため

「○ ○の件、後程相談させてください。現時点版のファイルを添付させて頂きます。お席戻られたときにお声掛けします」
これだけ入れておけばいいのです。

なぜかって?

  • 上司が認識漏れてた時、「あ、そうだった」と思いだすリマインドになる。
  • 上司に隙間時間があるとき添付しておけば、「今こんな感じね」となんとなく把握してもらえるので、対面した時のコミュニケーションがしやすくなる。

お仕事の基本は、相手の立場をくみ取ること

自分が3分しか隙間時間のないマネジャーなら?と、立場にたって考えて働くこと。
これってきっとお客様の気持ちもくみ取れるようになるし、
彼氏彼女旦那様奥様の気持ちもくみ取れるようになるし、
ってことで、人間的にも成長すると思うんです。

コンサルティングファームでお仕事サイボーグになるのもいいけれど、ハートも磨けたらもっと楽しく働けると思うんです。
エンジョイ、ハードワーク!です!

f:id:yukikuriyama:20160721142929p:plain