UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

絶望するには若すぎるし、達観するにも若すぎる。

■三回忌を終えての生存報告

命日が数日過ぎて、珍しくその日は昼過ぎまで眠っていた。

故人の夢を見た。
電話をしてて、私は雑踏の中、踵を返し、彼は「OK、僕は某の美味しいパンを買って帰るよ」と言った。
「あの時異変に気付いたなら、助けられたかもしれない」と死なれてから悔やんで悔やんで何度も思いかえした瞬間の、パラレルなプレイバック。

ああ、寝すぎた上になんて夢…としばらく呆然としたけれど、やがて、3年前の今日の昼ごろ、動かない彼を私は見つけたのだと気づいた。
だから夢に出てきたんかい。死んでもなんてパンクチュアルなやつだ!

というのも、オカルトでもなんでもなく、私の体が悲しみを覚えていて、私の潜在意識が今の私を活かそうと救済と見て取れる夢を見せてくれたのだろうと思っている。体、ありがとう。

■確実に、お前の死は私の人生に横槍を入れてきた。

自分の命に代えてもなんてことないと思っていたほど大事だった存在の、あまりにも早すぎる死は、私の人生には相当な煽りを入れてきた。

はっきり言って滅茶滅茶自暴自棄な時期があった。
このまま死ねたらいいと思って寝食を取らない時期もあったし、過労死上等と思って会社から注意を受けるくらい働いたり、普段なら落ちないような恋愛にハマってみたり、色々やった。人生で体験しなくていい横槍、たーくさん刺さってきた。

■涙も枯れた今、私には何もない。

丸三年経った今。ありとあらゆるカオスを経て、私の半径数メートルの世界は限りなく凪の状態に近くある。

恐ろしいほどに30数年の人生で今が一番、静かで、自信に満ちている。
自信というのは、「一人でどうとでも私は生きていける」というごく個人的な、そして野生的な感覚として。

■私はバカだから、ずっと願っていたことがある。

私はあなたに分かって欲しかった。
生きてみたら見える世界が変わっていくこと、それは希望が絶望かは分からないけど、一つの地獄もずっと同じかは分からないことを。
あなたの人生は赤ちゃんの時から「中上健次遠藤周作天童荒太ののどの作品のモデル?全部?」っていうくらい、他に聞いたことがないくらい苛烈なものだったけど、生きていたあなたは野生動物が一匹で行動する姿みたいにとても勇敢で清廉としていたことを。

同い年の親友なんて、人生この先生きてもきっとあなたしかいない。
この間スタンダールの"赤と黒"を読み直したよ、あなたと本の話をしたくてたまらないの。私の周りは誰も読まない本の話を。

死んで動かなくなってる姿を見た時、銀のアルミホイル見たいのに包まれて荷物みたいに運ばれる時、死亡届を描いた時、骨壷をのぞいた時、どの瞬間も私にとって真っ逆さまに落ちそうな絶望だった瞬間たちだけど、どれを思い出してももう涙は枯れてすっかり出ないけど、不意に、
「この本/映画/場所、いいなぁ。きっと好きだったろうな‥」と思うたびに会いたくてたまらなくなる。

■絶望するには、まだ若すぎる。

私は、この3年間は、深く考えないで、人生をテトリスをプレイするみたいに生きている。ハマらなかったらカチカチピースを回しまくって、まぁ失敗しても次の落ちてくるピースに立ち向かうだけ。
もしくは、昔のマリオか星のカービィにあったみたいに、進んでいかないと壁と画面に挟まれてぺたんこになって死んじゃうような危機感と共に。
いや別に死んでもいいんだけど、なんていうかせめて、nice tryって感じなくらい足掻いた上でぺたんこになって死にたいの私は。絶望するにはまだ私は若すぎる。いや三十路のおばさんなんだけどなんていうんだ、なんていうかなぁ、なんでもないよ、もう。

2019年やりたいことリスト

大好きな友人の編集者・ライターである池田園子さんが、#2019年やりたいことリストをnoteで公開していました。
https://note.mu/sonoko0511/n/n1974db20fc68
先日、大まかな豊富的な目標を書きだしたのですが、
yuki-kuriyama.hatenablog.com
一段掘り下げてさらに具体的にアクションに落とし込んで書きだすことで、実行に向けた助言をもらえたり、今まで知らなかった方と仲良くなれるのが素敵だなと思って、私も書いてみま~す。

■私の#2019年やりたいことリスト

【住まい】
・素敵なおうちを見つけて、超わくわくしながらお引越しをする、ASAP
・毎月断捨離を継続する(具体的には広い家に引っ越してもモノの総量は+10までしか越えないようにする)
・毎週の排水溝類のガチ清掃を必ずやりきる

【健康】
・(お引越ししたら)その町でスポーツジムに入会する
・(ジムに入会したら)パーソナルトレーニングを受ける
・毎日1.5万歩歩く/週末スロージョギングする
・-2キロ×-2%(体脂肪)痩せて維持する
・AMH検査してみる(←卵子の状態調べるやつ)

【美容】
・ホワイトニング歯磨き粉マイスターになる
・(もし今年度に歯列矯正の装置が外れたら)ホームホワイトニングを始める
・新しい似合う髪型を1つ見つける
・シーズン毎に最新デパコスをアップデートする(スキンケア・メイク1つずつ)

【知識】
・毎月「おすすめ!」と人にお伝えできる読書をする(社会に関するテーマ・文芸・マンガを各1冊)
・毎月雑誌を読む(ファッション・衣食住・文芸)
・ITトレンドにもっと詳しくなり、特定テーマについて語れるようになる(←詳しく書くと身バレするので、ちょっとぼやかしますw)
・毎月3本ペースで映画見る(新作・旧作)
・心理学(発達心理学系)の本を毎月1冊読む

【趣味・人付き合い】
・スキマ時間にアメリカドラマシリーズ見続ける。4つくらいハマる新作に出会いたい!(今は、Flashにハマっています!)
・国内ふらり一人旅する
・ヨーロッパの行ったことない国に一人旅する(東ヨーロッパ・中央ヨーロッパあたり!)
・月に3人の友人に会う(家族など親密な人間除く)
・毎月1本展覧会に行く
・毎月1つ、新しいレシピに出会う
・毎日はムリかもだが、「瞬間日記」にその日の日記を書き留める

【お金】
・1年で250万円貯金する
・2020年ショパンコンクール鑑賞旅のために、50万円分の軍資金を別途貯金する

回復魔法は、時が来れば適切に作動する

■年末年始の恒例寝込みイベント

私は年末年始の数日、必ず寝込む。
最終営業日の夕方から熱が出て、年始仕事始めにかかる頃に復活する規則正しさ。
病気回数ナンバーワンは扁桃炎で、今年もごたぶにもれず扁桃炎で寝込んでいる。
既に仕事始めだから、今年はいつもよりずれ込んだ"恒例寝込みイベント"だが、まぁピークの具合悪さは越えたので、在宅ワークを散りばめてだましだまし休んだり働いている。

■子供の頃の具合が悪い時の夢

母に世話をしてもらっていた頃の夢を見て、先程目が覚めた。

※下記、医学的には間違ったことしてるのかもしれないですが、所詮は30年前の個人による対処法だし、私は無事元気に生きているから、ご了承ください。

  • 背中に汗取り用のタオルを入れてくれた。朝になってシュッと取る爽快感が好きだった。「いっぱい汗かいたから、きっとすぐ元気だよー」と言われて素直に信じていた。
  • 今もあるか分からんが、アイスノンベルト(冷凍庫で固める氷のやつ)をおでこに巻いてくれた。目が覚めた時いつもちゃんと氷が冷えていたから、複数用意してぬるくなったらかわりばんこに巻いてくれてたんだろう。
  • 今もあるか分からんが、ヴィックスヴェポラップのスースーする塗り薬を喉や胸に塗ってくれた。
  • お薬を飲めたご褒美は、いちごやリンゴなどの果物や、アイス、いつもよりジャムが多めのヨーグルトだった。
  • 卵粥、やたら美味しかった気がする。今思えばレトルトでもおじやでとなくて、生米を土鍋にかけてちゃんと作ってくれていた。
  • 何故か少し元気になったら、卵載せチキンラーメンが配食された。母の好みで生ラーメンはあってもインスタントラーメンはあまり食べない家だったので、病気の時のご馳走みたいな感じだった。私、ちょろいやつだな…

■"誰かにしてもらったこと"は、自分で再現できるようになる

今の私は私の世話ができる、大抵のことは。そんな自分になっていて、ありがたいとも思う。

"誰かにしてもらったこと"というのは、受け取り手にとってはほぼほぼ魔法みたいなものだ。相手が自分にいろんな気持ちを織り交ぜてやってもらった行動だと分かるから、効力がある。

私も、未来のわが子や夫やそれに似通った誰かが寝込んだ時には、卵粥を作るんだと思う。
ひょっとしたら、卵載せチキンラーメンも配給するのかもしれないな。