読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

「逃げ恥」がなぜこんなに日本中をキュンキュンさせるのか

薬にも毒にもならない雑記

ってずっと思ってたんです、社畜の私。
ええ、非国民なんです、ドラマを見ておりません。
でも、原作は読んでます。
で、盛大に原作でキュンキュンして、平匡さんリアルでいないか探したくなりましたからね!

で、ちょうどお二人のブログポストを読ませていただき、
topisyu.hatenablog.com
p-shirokuma.hatenadiary.com
「あ、私のここ数日の問い(提題)の答え分かった。」
と、アラサ―独身女子としての自分なりに落としどころができたので、備忘で書く次第です。

「恋愛は疲れるもの」「恋愛の終わりを結婚の中で見るとしんどいこと」をいやってほどわかってきた。

  • ATフィールド前回の男女が一緒にいて、そのぶつかり合いが燃え上がるときもあるけど、燃え上がりはひと時のこと。ハリネズミのジレンマみたいになって傷つけあって悲しく終わることがあること。
  • 恋愛から結婚したはいいけど、恋愛状態の結婚という蜜月が10年も20年も続くことなんてほぼなくて、「恋愛の終わり」を結婚の中で見た女の人は子供がいれば子供をnext彼氏のように入れ込み、男の人はよそのオンナに恋をする・・・なんてケースが世の中ぼこぼこあること。

ふるえるほどの幸せがほしい、そう思っているけど、

みんな、「恋愛と結婚をないまぜにしてもどうも塩梅悪いわ」って気づいているんじゃないでしょうかね。
シロクマさんが書かれてたところの「恋愛結婚の終焉」を見ているのでしょう。

現代に生きる私たちは盛大に「結婚耳年増」で期待値上げすぎなことにも気づき始めた

SNS、ドラマ、友達との話で結婚のメリットデメリット、怖い話をたくさんきいてから、アラサ―(古い言葉の「結婚適齢期」)になる現代の私たち。
2016年現在でも、結婚という名の男女の契約は「通過儀礼」かのように、世の中では見えます。
結婚していない人を見つけては、「結婚をしていない男の人/女の人には何かわけがある」「売れ残りには売れ残りの理由がね~」なんて、飲み会の場でさらっと話してませんか。

あなたも私もそんな空気に何となく、「結婚・・・しないと」と思わせられて(言ってしまうと勝手に思いこんで)、
「結婚したいのか?」の問いを見ないふりして、
いきなり、「け、結婚する・・・?」⇒「・・・誰と?」と意思決定にジャンプし、右往左往しているのかなって思います。

うちのおばあちゃんの結婚への期待値の低さたるや

祖父母世代はまだ見合い結婚・家同士が決める要素が強い時代、しかも若いうちに結婚しているから、「結婚耳年増」になる暇はなかったのだろうな・・・と祖母と話すと私はいつも思います。

祖母にとっては、年代的にはもっともっと「通過儀礼としての結婚」だったから、相手に文句があってもまずその枠(契約)を守ることが男女ともに第一だったでしょう。
また、コンテンツ(相手との仲とか、愛情とか)は二の次に見えます。
結婚に対する期待値が現代の私なんかよりよっぽど低いのです。

その証拠に、祖母はいつも私に、
「欲しがってくれる男の人が居たら、ありがたいのだから嫁ぎなさい」
と言います。
そして、平穏に夫婦生活を終えたこと自体に、
「私はお父さん(祖父)に選んでもらえて幸せだった、食べるにも困らず子供も孫にも出会えた」
と笑うのです。
現代のアラサ―独身女子の私からしたら、
「・・・なんて幸福水準が低いの?」
と驚くことせんなしです。

「逃げ恥」が日本中の多くの人に響いたという意味

  • 恋愛
  • 出産(子供)
  • 生活(インフラ的保障)

3つ抱き合わせになったパッケージ、のはずだった、従来の結婚。
これからは要素を分解して、そして、要素自体も自分たちなりにカスタムしてもいいんじゃないのって、みんな少しずつ思ってきた証なのではないでしょうか。

結婚適齢期」って言葉がなくなった時に、私たちは自由になるのかもしれない

  • 結婚に対する期待値を適正化し、
  • 結婚についての要件定義を自分なりにし、
  • 要件定義に乗ってくれるパートナーを見つけ、生きていく。

そこに、「適齢期」なんて最早必要ないように思うのです。
要件定義ができたとき、パートナーを探し、見つかったら楽しく生きていけばいい。ってだけなんじゃないでしょうか。
王子様を待つ時代は終わったんです。それだけ。

私は、結婚の要件定義中です。
いけてるPMOがいないから、進捗管理できてないけど、基本概要設計ができたところかな。

結婚しないことへの不安、って実はもはや解決策もあるし

1.「一人ぼっちだと老後が心配、孤独死とか無縁社会とかいうし」?
大丈夫、きっとそのころにはじーちゃんばーちゃんシェアハウスとかいろんなコミュニティが充実しています。
多くの人が思う問題に対する解決策を生み出すことはわけないのです。だってこんなに世の中にいろんな頭のいい人・ドライブ力のある人が居るんだもん。

2.とはいえ「子供が~」?
私、できたら産みますよ。
助けてくれる人はきっと見つけられるはず。方法は必ずあるはず。
チャレンジする人がいないと、いつまでも抱き合わせパッケージの「結婚」からカスタムして生きていける人が増えていきません。

てわけで、

もしかして、もしかして、ものすごく「自由」な時代がやってくるのかもしれませんよ。
逃げ恥の流行を見て、私はそう思いました。

楽観視しすぎ?

【スイス旅行記】 バーゼル①:チューリッヒから1時間の鉄道旅で、フランス・ドイツにお散歩できちゃう面白い街へ

ユキ旅

旅日記とか書いてみる

スイス旅行に行ってきたので、備忘に数記事に分けて書きまーす。

スイスのアルプスあたり以外の街については、個人旅行先としてはニッチなため、ブログなどでの実際に旅行した方のナマの情報が少ないんですよね。*1
ですので、スイス近辺にこれから旅行される方の情報になれば幸いです。

…とかってお堅いモチベーションもなくはないのですが、一緒に行った人をリアルライフで公にできないから、こちらの匿名で書きたくなっちゃったのさ。

一緒に行った人のFacebookにいいね!を押下する*2というビターアンドスイートなリアルライフ。
そう、これもまた人生。
旅は道連れ、世は情け。いつかきっと急にくるだろう分かれ道、そこまでご一緒致しましょ。

ってわけで、はじまりはじまり。

yuki-kuriyama.hatenablog.com

バーゼルは面白いロケーション

バーゼルはスイスの街です。
さて、私の雑な絵をごらんください。
バーゼル北部では、ライン川を隔ててフランスとドイツと国境を三分しています。日本人的にこの国境線、まじ意味不明。
f:id:yukikuriyama:20161121135445p:plain

シェンゲン協定」でEU加盟国とスイス間はパスポートなしで行き来できます。
*3
よってもって、ただうろつく観光客は、徒歩とトラムで3カ国を移動できてしまうのです。
島国日本人としては、なんとも面白い環境です。
フランス語・ドイツ語・英語が飛び交う街。そりゃマルチリンガルになりますわな。

チューリッヒ中央駅からバーゼルまで1時間の鉄道旅♪

チューリッヒ中央駅(Zurich HB)はこんな感じです。でーん!

バーゼル行きの片道チケット購入*4して、行ってきます。

英語・フランス語・ドイツ語の言語選択がトップ画面にある自動発券機か、チケットカウンターで買えます。
カウンターですと、待ち時間があるかもしれませんので、操作わかる場合は発券機をおすすめします。

バーゼルSBB駅に到着

チューリッヒから鉄道の旅、およそ1時間ほどでバーゼルSBB駅に到着です。

バーゼル国鉄駅を出るとすぐトラムの駅があります。

8番線のトラム、終点まで約25分間の移動(スイス国境→ドイツ国境)

8番線の、Weil am Reine行を見つけて、終点までのんびり。

Weil am Reineで降りると、ドイツ国境超えちゃってる!


目印的な建物、Rhein Center

降りてすぐの左手に、Rhein Center(ラインセンター)っていうライン川沿いのショッピングモールがあります。
黄色くてドーンとたってるのですぐわかりますよ。

バーゼル(スイス)の物価高いため、皆様こちらのドイツ側まできて買い物されてます。赤ちゃんおむつとか食料買いまくってました。
後は後述しますが、フランス側のちっちゃい可愛いHuningue(ユナング)って街の方も橋を歩いてやってきて買い物されてます。

フランス国境越え、橋を徒歩で行ってみよー♪

目印これ。Rhein Centerの目の前にあります。

この目印の先にライン川があり、ライン川にかかる橋があります。

3-5分もかからないでフランス側まで渡れます。てくてく歩きましょう。
ライン川には白鳥もいて、ヨーロッパって感じが楽しめました。

渡ると、フランスHuninue(ユナング)の街

フランス国境側なのでこころなしか町並みが異なります。

帰りはトラムの逆側に乗って、戻ります。

こちらの旅程のトラムは片道25分くらいなので、街を歩いて散策する時間含め2時間くらいのお散歩でした。

バーゼルの街自体の写真も載せたいので、旅日記は、たぶん続くっ!

*1:私が旅行前に読ませて頂きましたのは次のブログです。http://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-859.html http://blog.goo.ne.jp/nanamaru_2010/e/45fcf6aad980ada36116ec2c745b6470

*2:「押下する」ってこれなんてITコンサル的

*3:生活精肉などを買う場合は、国が違いますので税関審査あります。詳しくは存じ上げませんが、数量制限などもあると聞きます。

*4:また、スイスに限らずですが、ヨーロッパの鉄道チケットは、インターネットで事前購入すると当日購入よりも安くなります。 事前に旅程組める場合は、EURORAIL(http://m.raileurope-japan.com/)でオンライン購入したり、旅行会社さんにお願いするとよろしいかと。

【スイス旅行記】チューリッヒ:秋の曇り空が似合う街

ユキ旅

旅日記とか書いてみる

スイス旅行に行ってきたので、備忘に数記事に分けて書きまーす。

スイスのアルプスあたり以外の街については、個人旅行先としてはニッチなため、ブログなどでの実際に旅行した方のナマの情報が少ないんですよね。ですので、スイス近辺にこれから旅行される方の情報になれば幸いです。

…とかってお堅いモチベーションもなくはないのですが、一緒に行った人をリアルライフで公にできないから、こちらの匿名で書きたくなっちゃったのさ。

一緒に行った人のFacebookにいいね!を押下する*1というビターアンドスイートなリアルライフ。
そう、これもまた人生。
旅は道連れ、世は情け。いつかきっと急にくるだろう分かれ道、そこまでご一緒致しましょ。

ってわけで、はじまりはじまり。

そもそもスイスに秋口行くなら、11月下旬~のクリスマスシーズンに行けばいいんだけどね。

ぶっちゃけ行った時期はびみょ~。

  • 10月まではアルプスの氷河鉄道・ロープウェーがアクティブ
  • 10月下旬あたりは収穫祭
  • 11月下旬以降はクリスマスマーケット

それなのになぜ11月上旬に行ったかって?
大人の事情です。

チューリッヒ空港からチューリッヒ中央駅へ!

フライトが現地の夕方着だったので、11月のスイスはもう暗かったです。
こちらがチューリッヒ中央駅(スイス国鉄=SBB)です。

チューリッヒ空港からは、以下の交通手段がメインです。

  • 鉄道(IRとかIC/ICN等)で10分程度
  • トラムで50分程度
  • タクシーで20分程度(金額は55CHF前後)

詳しくはこちらを見てみてくださいませ。
www.howtravel.com

チューリッヒの夜はなんかしっとりしているの。

(たぶん)夜のリマト川。しっとり綺麗でした。

旧市街のすぐ近くにチューリッヒ大学があります。

昼間も素敵なんだから。

チューリッヒSBB駅から、リマト川沿いを南に歩いていきます。

15分ほど歩いた風景はこちら。右手にご注目。

リマト川、対岸にはフラウミュンスター。エメラルド色のきれいな塔。
教会内部のステンドグラスはシャガールのものだそうですよ。

フラウミュンスターのお向かいには、グロスミュンスター
こちらは内部写真撮影禁止でした。
フラウミュンスターよりもシックな内部でございました。

チューリッヒの観光は半日もあれば十分な街

あとはチューリッヒには美術館があるので、そちらでアートを楽しむのも素敵です。
アクティブ派&複数泊する場合は是非鉄道旅に出かけてみてくださいね。

次回以降は、鉄道旅記事になりまーす!

*1:「押下する」ってこれなんてITコンサル的