UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

悲しみよこんにちは (3年目)

■冬と春のはざまの天気が、私を2年前の春に引きずり戻した。

先週の後半、東京はやたらいい天気でうららかだった。
快晴の春にあの子は死んだから、そのすかっぱれの青空と温かい気温と花粉が通勤途中の私を突如追い詰めた。
プルーストの紅茶とマドレーヌで云々状態。
私はすっかり、泣きたくもないのに、とめどもなく泣き出した。

2年目の命日シーズンの到来を、私の体は勝手に思い出しやがった。

そうしてから、涙は、日曜日の夜までおよそ4日ちょっと止まらなかった。
平日はもう仕事にならず、かろうじてお客様とのMTGはきちんとこなしたけど、ドキュメントワークはおろか印刷もできず、事情を知っている上司様がすべて巻き取ってくれた。
(申し訳なくてジャンピング土下座レベルだけど、今日現在、私は印刷しかできない。印刷も間違える。ホチキスしながら泣いた。)

本当に、寝ている間も起きている間も、
「どうして人体から、しかも同じところから水が出続ける?」
とビビるレベルで4日間泣き続けた。のどが渇くのでひたすらミネラルウォーターを飲んでいた。私って水でできてるんだな・・・と殻になったペットボトルを見ながら、まだまだ私は泣いた。
ちなみに、今日も普通にじんわりじんわり一日中泣いている。どうなってるんだろう。私の目と心。

■過眠状態に突入

私はストレスを感じると眠くなる過眠タイプ。
先週の後半から、職場でも上司が心配しながら私に話しかける矢先にその場で眠ってしまう。笑

金・土・日と一日18時間くらい数日間は、傷ついた脳みそよ頼むからデバッグしてくれたもれと神様に祈りながら寝まくった。
結果、抑うつ症状で自律神経がおかしくなっているせいで、肩や頭も痛かったのもあり、いくらでも眠れた。
今日も生きてるだけで眠い。パワーポイントなんてかけるわけない。

■2年目のニューイベント:夢で久々にあの子に会いました

夢の中で、あの子の死が超絶リアルに繰り返された。死ねる。
動かなくなったあの子を見つけたときの部屋の光の塩梅とか、教会で最後に見たあの子の顔とか、骨になったツボをのぞき込んだ瞬間とか、おおよそ発狂しそうなかなしみと絶望が。
起きた瞬間ものすごい涙が出ていた。わーあいつやっぱり死んだんだな・・・と起き抜けの絶望。
ミネラルウオーターだけ飲み干して、ごく一部の人からのLINEだけ返信して、また眠った。
世界で数人、「やべー、ユキ、命日シーズンだ、死んでないかな」と思ってくれている人たちがいるので、その人たちには、「生きてるよ」と報告義務があると思っている。

■2年めのニューイベント:近しい人が死ぬ夢を立て続けに見る

さて、今度は、母親とか妹とか、いわゆる次に近しい大事な人たちがまた死ぬ夢を立て続けに見た。

起きた瞬間は夢と現実が私の中でごっちゃになっていて、本当に妹は死んだと思って、爆裂に3分ほど泣いた。
3分たってから、はた、と、
「いやいやいやいや!妹死んでねーし!来月妹結婚式だし!死ぬわけないし!」
と我に返り、
「おいおい、私、相当やばくない?」
と自分の錯乱具合に危機感を持った。
そして、わー生きてるって素晴らしいとかって変な安堵をした。

とりあえず半日以上眠っていたので低血糖ぽくなっていたので、頑張ってコンビ二行って食べ物適当に買って食べた。
速攻死ぬんじゃないかみたいな眠気に襲われたので、また私は眠った。

こんこんとまた半日以上寝て、日曜日の明け方、夢の中で母親が死んだ。

夢から起きる直前に、
「おーい、これ夢だろ、だけど勘弁してくれよ、もう死なないでくれよ・・・」
と自分の傷の深さに絶望して起きた。また病気の猫みたいに目ががびがびになって泣いていた。

■死ぬほど3日眠ってみて、気づいたこと:これはトラウマや。

去年一年の私は彼の夢をほとんど見なかった。亡くなった直後は見たけれど、命日シーズンも見なかったのに、2年目の命日を迎える今年のこのシーズンに夢の中で似た状態が再現されて、繰り返し見るようになったってことは、自分の中であの子が死んだって言う悲しみとようやく向き合っているというか、関わり方を見つけようとして、私の心と体が頑張っているのかもしれない。

ツイッターに一連のツイートを垂れ流した。
いろんな方が親身にDMやリプを下さり、私は頂いた本などのリンクをことごとくポチり、エネルギーのある時にきちんと読み漁ることにした。

■『赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア』(白川美也子)

お医者さんのフォロワーさんが教えてくれた本。

自分のケースは完全に「単回性トラウマ」のよくある症状なんだろうなとはっきりと自覚したのはこの本のおかげ。

トラウマというのは冷凍保存記憶だというくだり。そして、

トラウマ記憶は数十年たってもセピア色にはなりません。放っておけば、鮮明なままです。

というくだりは、頷かざるを得なかった。

2年も前の出来事とは思えないくらい、生々しいのだ。
空気の湿度・光の加減・気温・春のにおい、頬を伝う涙のぬるさ、自分に響き渡る心拍数と、頭痛と。

また、トラウマ後の症状として書かれている3点はいずれも自覚があった。

1. 再体験:被害当時の記憶が無意識のうちによみがえる
2. 回避・麻痺:被害を忘れようと感情がマヒする、そのために回避の高騰をとる
3. 過覚醒:中途覚醒など、神経が高ぶった状態が続く

私の場合は、3>2>1の順番で我が身と心に表れている。

あの子が死んだ直後の三カ月くらいはまさに3の過覚醒で、まったく眠れなかったし、いくら食べてもおなかがグーグーなっていて、通常時の3日分くらいの食事をとっても痩せていった。自律神経が崩れて代謝異常だったのかもしれない。
去年一年はぽつっと涙が出なくなった時期が半年くらいあり、それは2の回避・麻痺だったんじゃないかな。
命日シーズンの今は、フラッシュバックが起こるか、無意識のうちにひたすら泣いているので、1の再体験なのだと思う。

いずれにせよ、この本のおかげで、しかるべき治療を受けるべき人間(私)という自覚を持った。

それなので、次はトラウマ系のカウンセリング療法についてを調べてみた。(というか、優しいフォロワーさんに教えてもらった療法を勉強してみた。)

■持続エクスポージャー療法

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/seishin/PTSD.htm
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20140313-OYTEW52202/

トラウマを追った当時を再現して、恐怖を下げるというもの。
持続エクスポージャー療法は暴力を受けたなどの人に有効そう。
いわゆる死別の悲しみが深いという形での私のPTSDには、ちょっと違うかもしれない・・・?
でも、命日シーズン内に予約が取れたらカウンセリングに行ってみようと思った。
1人で泣いていても、カウンセリングの反動で泣いても、結果泣くことには変わりないし、もし、私が今後生きていくヒントがそこで見つかるなら、それは天啓なので。

結局はトラウマって過去の出来事や抱えきれない自分自身への恐怖心をなくすことなのか。うーん、恐怖、とは違う気がするのよね。

■グリーフ・ケア

そこで、これから、「グリーフ・ケア」をキーワードにして、本やカウンセリング療法を見てみようと思っている次第です。
おすすめの本がある方、是非教えてください。

■オラ負けねえ

バカの一つ覚えだけど、オラ負けねえ。
なぜなら。私はバカだから、1ミリでも希望があれば、その希望をありがたがり、大事にする単純さがある。
「死んでないか」「仕方ないよ、ゆっくり」と言ってくれる数人が私の小さい世界にいてくれる限り、私は絶対に発狂も自殺もしない。
賢こすぎるがゆえに臆病だったあの子ができなかった、人生を生き抜くこと、それをバカな私は無防備にやり遂げるつもり。

基礎化粧品サンプルの山を持っていても、綺麗にはならない

■使え!って話よ。

スキンケアが好きなので、オーガニック系、プチプラ系、ハイブランド系とそれなりに結構色々買ってしまいます。
洗面所には常に、何種類かのラインがあって、お肌の調子とか気分で使い分けている感じです。

そうなると、サンプルの山。
あと、お泊りセットをコンビニで買ったときの残りとかもあり。

こんなのが、5倍くらいありました…。めまい。

■貰ったらいつもどうしてきたか

使う、人にあげる、失くす、忘れる。

失くすと忘れるのせいで、サンプルの山なんだよ私。ばか…!

■さて、メルカリで売る?捨てる?人にあげる?自分で使う?

エスティローダーやLancomeを中心にラインが一通り揃ったサンプルが多くあったので、メルカリでセット売りも考えましたが、そもそも送る手間がめんどいからやめました。

あとは、最近のものはコスメ好きなお友達に一部ライン揃えて渡しました。(単品でもらっても嬉しくないと思ったので。)
っつーわけで、基本は自分の顔と体で消費することに!

■消費政策:ラインでひとまとめしていたものを、機能ごとにひとまとめ

化粧水、乳液、美容液、みたいな感じで機能ごとにまとめておけば、洗面所に立ったときに、「洗顔フォーム、あ、サンプルのストックないかな」って簡単に確認して使えます。

サンプルって一回だけでは使い切れないので、乳液や美容液などは使い切ってポイするのに、3日くらいかかりますね。サンプルをちゃんと使い切るのって、ちょっとした節約になるんだろうな。

あと、ライン使いって自己満足というか、おまじないみたいなものだなと。プチプラ化粧水の後にシャネルが来たって、次の日いい調子なら別にいいじゃないって思いました。
私、憑き物がとれたようよ…!

「えっ、これ、意外といいじゃん」みたいな新たな発見があって、サンプル消費ウイーク、楽しいです。

Apple WatchでSuica乗車した途中に、充電が切れたら

■早速やっちまった。

Apple WatchSuica乗車し、電車で気づきました。

「うおー、省電力モード!」
Apple Watchは電池が10%になると、時間だけ表示するほかの機能をオフにする省電力モードになります。

■とりあえず、改札通れるか試してみる。

やっぱりあかんかった。

■選択肢は2つ:①窓口で謝って切符購入②モバイル充電して復活

私はモバイル充電器を持っていたので、やむなし!と思い、5分ほど急速充電器を使って少し充電&再起動し、改札を通ったのでした…。

当然、待ち合わせの相手には、遅れる旨をLINEしたら、
「遅れないと思ったのにどうしたの」と言われたので、事情を説明しました。
一周回ってダサいと笑われました。

Apple Watch、紛失と同じくらい充電状態に気をつけないとアカンと思い知った正月でした。

…充電出来ないと、「①窓口で謝って切符購入」という原始時代に戻っちゃうから、気をつけてくださいね。←私が言うな。