読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

故人からの手紙が届いた -誰かからもらった「愛」は「生きるためのお守り」

っていうのは、evernoteを同期しただけなんだけど

長らくevernoteを起動してなくて、起動してみたのですって話。

すると、2014年にお手紙的に書いてくれた、彼のevernoteが私のevernoteに同期された。
当時「あれ、うまく届かないなあ、まあ、そのうち渡すよ」と言ってくれていたものだった。

「なんで今のタイミングなんだろう」なんてロマンチックなことは思わない、ただの偶然。
でも、やっぱりそれはどうしようもなく心を揺さぶるものだった。

故人からの手紙

ユキ、祈ってるよ。

先の見えないもやもやがあなたを取り巻いていて、いつ終わるとも知れないものに対面しつづけることは、ほんと大変なことだよね。

○○のことで助け手が与えられますように。
ひとりで苦しむときは終わらせられますように。

僕はあなたと寄り添って歩んでいきたい。
今までもそうだったし、そしてこれからも。
僕は、進むべき道をあなたに示してあげられない。
でもね、指図したり、僕の手に負えないことだからと突き放さず、僕にできることをしたい。

実は一番僕ができることは、あなたの側に居続けること。

僕はあなたに寄り添うよ。

心がはりつめるときに、ふと
少しでもあなたの心がふっと軽くなるときがあるといいな。
どうぞ自分を責めないで。あなたは悪くない。

どうぞ自分を否まないで。あなたはとっても大切な存在。
あなたの存在は僕には欠かせない。

風が、あまりに強い風が吹きすさぶとき
人は弱く、揺れ動く。
飛ばされてしまいそうになる風も、
いつしかその風も受け流し
前に前に進んでいける日がきっと来る。

僕は信じてるよ。
助けも、力も、きっと与えられると。

どうか忘れないで。
あなたはひとりじゃない。

どうか心に留めていて。
あなたは愛されている。

あなたが涙を流すときに、
いまは僕が隣にいる。

あなたを心に留め、祈ります。
H

2017年、一人ぼっちの私が思うことなど

「そのままそっくりお前に返したいわボケ」 ただそれだけである。
「どうして、こんなに優しい言葉を、祈りを持てる彼が、自分の悲しみ・苦しみ・寂しさ・焦り・不安・孤独、そして怒りに押しつぶされ、命を絶ってしまったのか?」と改めて疑問に思う。
そして同時に、
「だから死んだのだ」とも思う。
他者の悲しみ・苦しみ・寂しさ・焦り・不安・孤独、そして怒りに敏感な人はきっと、知らないうちにいろんな他者のそれを吸い取ったり引き受けたりしながら生きているのだろう。
対面の相手を元気にする代わりに、きっと黒いもやもやを引き受けて、自分の中に押し込めてしまうのだろう。
私も絶対に、私の黒いもやもやを、彼に引き受けてもらっていたのだ、たくさんたくさん。

私だって同じように彼を愛していた。
だけど、私の愛は彼に届かなかった、至らなかった。黒いもやもやをけしてあげることができなかった。
ただそれだけだ。それは本当にこっちだって死んでやりたいくらいの絶望と後悔。

これ以上の愛はきっとないんだろうし、なければいいと思う

およそアラサー(変な日本語)の私、健康に生きればあと50年くらい寿命がある。
家系的に90歳くらいまでみんな生きながらえているから、もうちょい生きてしまうかもしれない……。

残り50-60年の寿命の中で、こんな愛に、これ以上の愛に出会うだろうか。私は。
2017年5月末の私の仮説は、NOで。
そして、それは仮説というだけでなく、願望でもある。
「あの子が一番、私を愛してくれたな~」と思いたい、そんな願い。

誰かからもらった「愛」は「生きるためのお守り」

1年以上が経つ今も、不意に、あの子の不在に涙が出る。
あの子が好きだった音楽、本に触れた時。
一緒に歩いたある日の天気や情景に似ているところに一人で来てしまった時。
夜中にアイスを大量に食べて、「こら~!夜中に冷たいもの食べたら、太るしむくむで~胃腸が休まれへんやないか!」って小言が聞こえる時。
あの子によく似た男性を街のどこかで目にした時。

この涙は、不在を悲しむばかりだったけど、時間が経って少しずつ、感謝が混ざりつつある。
20数年の彼の人生の中で、10年も私を親友として横に携え、一緒に泣き笑い、言葉を交わしあえたこと。
「ユキは大丈夫」とこの手紙のように繰り返し言ってくれたこと、祈ってくれたこと。
もう、その事実は、私の心の中にしかない。
どうやって文章にしたところで、写真や手紙を見返したところで、私の心の中にしかない。
私が誰かと結婚しようと、誰かの親になろうと、変わらない事実。

それは、圧倒的な絶望であり、孤独であり、つまりサンクチュアリでもある。

きっと、誰かが愛をくれても比べてしまうだろう。「足りないな、大したことない」と思ってしまうだろう。だって、これだけの愛をもらっていたのだもの。
でも、「足りないな」なんて思ってるそぶりは死んでも見せないで、「ありがとう」と笑ってみせる。
そして、心の中で、「全然足りないよね、君には遠く及ばないよね」って話しかけて、泣くだろう。
そして、あの子に対する気持ちほどは愛せない自分の愛の弱さに、人知れず恐怖しつつ、同時に「そらそうだ」と思いつつ、それでもその誰かを愛して生きるだろう。

茶番だけど、バカみたいだけど、私はそうやってあがいて生きてやろうと思う。
神様から売られた喧嘩だって、フルスイングで買ってみせる、どうせ負け戦でも。

頭のいいあの子ができなかった、「生き汚さ」を振りまいて。
絶望しながら、寂しいと思いながら、でもおひさまみたいにいつもある愛を仰いで、渇望して。

みんな誰かを心の中に棲まわせて、その人もまたあなたに会いたくて

劇団暴創族さんの『瑠璃色花火物語』(ネタバレなし)

2017年4月に大塚は萬劇場で公演されていた、『瑠璃色花火物語』の観劇記録でございます。

ざっくりしたストーリー

漁港のある町で、「何年かに一回、もしかしたら見ることができるかも‥」「一緒に見られた二人は結ばれる」と有名な”瑠璃色花火”。
花火シーズンに漁港の町のお宿は、瑠璃色花火観たさのいろんな人が集まってきて‥という、群像劇です。

「ハートフルコメディ」と銘打たれておりますが、なんてその言葉の通りなんだろ!と、そこにもまた感動しつつ、膝を打ちました。

複数の謎の伏線が張ってあり、「あれ‥もしかしたら‥いや‥?」とジワジワと観客に予期させるものの、ギリギリまで明確なファクトを提示してくれないのです(※これは賞賛です!)。
飽きるなんて全く1秒もないまま、エンディングまで、観客を魅せるんだものー。
私は後半にいくつかの謎に対する伏線が回収されるまで、「ほんとのこと」に気づきませんでした。

腐っても家族、腐らなくても家族

  • 花火職人の優しいお父さん
  • 「海で溺れて死んでしまった」お母さん
  • 四人のキャラそれぞれで、魅力的な娘たち
  • 長女の産んだ男の子
  • 行かず後家のおばさん

花火工場のユーモラスな人々

  • ヤンキー上がりの花火職人
  • 花火工場の仕事をサボる中国人夫婦(奥さん臨月)
  • 中金の腰が低い営業の兄ちゃん

お宿にやってきた変な客

  • ぱっと見不倫?みたいな熟女と若い男
  • 有名カメラマン
  • なんだかやたら花火工場で働きたがる兄ちゃん

大家族と花火工場の人たちと、お客さんたちのユーモラスでハイカロリーなやりとり

で、ひたすら飽きさせない!という非常に勢いが強ーい。
他人と家族の境目があるようでなくて、みんな時に暴言と本音を交えながらの日々の交流。
家族とすら本音を言わない、腹を割って話さない私にとっては、ユーモラスでハイカロリーなやりとりを見て、ちょいとだけぎくっとする。

「恋」と名前がつく前の、あの心がきゅってなる気持ち

汚れっちまった大人のワタクシは、年の近い甥っ子ソーシくんと、おばにあたるあのコに、ときめいたったらなかったですよ。
小学生の限りなく恋に近いあの気持ちって、せいぜい「あんたなんか嫌い嫌い!」って言いまくるか、いじめるかしかなくて、でも相手が気になって仕方がない、って、ああそんな感じだったよ‥!優しさなんて相手が転んで怪我した時とか本気で泣いちゃった時にしか差し出せなかったよ‥ぐす。

限りなく身内なのに身内じゃなくてやきもきする、恋愛と家族の間

  • カメラマンとしての再起を果たしたいパパラッチみたいなことしてる青年
  • 口うるさくてでも応援してる女の子

気心知れすぎちゃって、甘い言葉を言ってあげることもできなくて、相手が頑張れない時にどうにか背中を押してあげたくて、つい言い過ぎちゃう。限りなく家族なのに家族になれない、恋愛かと言われたらそうでもないし、友情でもない。
大人になっちゃった男の子と女の子の、行き先は‥?

みんな誰かを心の中に棲まわせて、棲んだその人もまたあなたに会いたくて

ラストは、かけがえのない誰かとした果たせなかった「約束」がある人や、心の中に今はもう会えない誰かが棲んでいる人なら、きっと涙したんじゃないでしょうか。
ずっと笑わせて、最後に泣かせて、劇団暴創族さん、ずるい~!

書き続けていたら、きっとどこかの誰かがあなたの思いをキャッチしてくれる

Project DRESSさんとの出会い

Project DRESSの池田園子さん(id:sonoko0511)に、このはてなブログを見つけて頂き、Project DRESS寄稿の機会を頂きました。
私がちまちま生産しているため月2本程度と本数は少ないですが、書かせて頂いております。
池田さんの書かれていた本や記事のもともと読者だったので、「なんと不思議な縁なのか……」と思いました。(素直にうれしかった、と言え。)

はてなブログと、Project DRESSさんの時の違い

このはてなブログは、日々の自分の日記をevernoteに書いている中から、
「これは他の誰かも似たような気持ちになるかも」と思った、人の心として普遍に思われるテーマの抜粋だったり、
「答えが出ないから、未来の自分やほかの人に力を貸してもらおう」と思ったもののメモだったり、
あとは自死遺族の方の何らかのなぐさめになりはしないかとか、自分自身のセラピーになるようにだったりと、細々とランダムに気ままに書き連ねているものです。
はてなブログは自分の思考の断片が良くも悪くも素直にぽこんと現れます。

Project DRESSさんでは、主にアラサー・アラフォーの女性にフォーカスして、ネタを考え、書かせて頂くようになりました。
私なりに、「大人のお約束をした、お仕事」と思ってせっせと書いてみているので、「なんか、うまく書けなかったな…」と切り口の断面を見ては、むむむと反省したりしています。
ただ、意識的に、自分が普段対して言葉にせずぼやぼや~んと考えていたことを、特定の切り口で切ってみているので、自分自身でも予想外なアイデアが出てきたりします。

この違いが面白いなあと思っています。

文章を書くということは、優しくなるためのトレーニング、かも

「不用意に・意図的にどなたかを傷つけることは書かないこと」「予想外に人を傷つける場合は、即謝罪すること、誠意を示すこと」ということを、変わらず思っています。

よってもって、文章を書くということは、見えない読み手の方を傷つけないように、だったり、慰めや笑いになるように、だったり、なんかしらの祈りを持つことなのだなあと、感じております。

よろしければProject DRESSさんで書かせて頂いた記事もたまにこちらにもリンク貼らせて頂こうかと思いますので、読んでいただけると幸いです。

Project Dressさんに2017年2月に掲載して頂いた記事

p-dress.jp
自己紹介みたいな記事です。

p-dress.jp
「年上男性」というキーワードを基に、一緒に働く聡明な後輩男性の言説を基に書きました。ネタ料払わねば。

Project Dressに2017年3月に掲載して頂いた記事

p-dress.jp
これまた自分のことです。

p-dress.jp
これまた自分のことです。独身のいい大人の私、そろそろおうちどうするか考えるべというお話です。

Project Dressさんに2017年4月に掲載して頂いた記事

p-dress.jp
これまたネタ料を払わねばというくらい、気づきの言葉をくれたリアルの知人がいます。『失楽園』読んだことないんですが読んでみようか。