UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

夜中のタクシーでは、たまに神様が働いている。

私は、コンサル社畜です。そのため、タクシー運転手さんに、早朝・夜中にいつもお世話になってます。
年間80万円程度がタクシー代です。
これを貯金できていたら、マンションの頭金くらいあっという間でねーか!

さて、夜中のタクシー運転手さんには、たまに、その時の自分に必要な言葉をくださる方がいます。
私は、その方々の魔法の言葉に生かされているような気がするのです。
いつも、ボロッボロの時に、タクシーの神様が現れます。

辛くてトイレで泣いていた日の夜中に出会ったタクシーの神様の話

夜中の3時頃、会社を出て通りに出て、フラフラとタクシーを探し、ほどなくして止まっていただき、乗りました。

タクシー運転手さん(以降、「タ」)「こんな遅くまでお疲れ様でした。大変だね」

「はは、ありがとうございます。なんか仕事がうまく捗らなくて‥」

タ「さて、どこまで行きますか?」

「xx街道走って頂いて、xxまでお願いします」

「僕ね、この仕事引退して隠居したいなって思ったときがあったんです。でもね、孫が生まれたからね、お小遣いあげるために頑張ってるの」

差し出した写真は、茶色のランドセルを背負った女の子でした。

「お孫ちゃん、茶色のランドセルなんですね!今いっぱい色があるものなぁ」

「それも、僕、じいじが買ったの。孫が大事に背負って毎日学校行くたびに、今日も一日孫が楽しく過ごしてくれたらなって思う。
お嬢さん、お1人なの?」

「はい独身です」

もしも縁があったら、守る人をもってごらんなさい。
きっとあなたが今、辛いとおもっていることが、たやすく踏ん張れるようになるよ。
あなたは女性だから、守る人ができた途端にきっと無敵になるよ。

守る人が親だろうと旦那だろうと子供だろうと誰でもいいんですよ。要は、自分のためだけの頑張りや努力って人間そうそう続けられないということね」

「最近、私にももしも子供がいたらと想像します。そうしたら、もっと腹をくくって仕事や生きることに本気で頑張れるのかしらって」

「守る人ができるかは未来のあなたにしかわからないことだけど、今のあなたに必要なことは、あなた自身をきちんと守ることだよね

「こんな夜中まで働いたりせずに?」

「いえいえ、夜中まで働いたっていいんですよ。心と体がその疲れを納得してくれさえすれば、必ず癒されるからね。心と体がその疲れを納得していない時、ストレスとなり、病気になるからね

「ああなるほど」

「だけどね、この時間だけは眠ると決めたほうがいいね。でもね、お嬢さんを乗せた、あのビルの人は眠らないもんねぇ。そんな簡単には行かないかな」

「私の意見だけど、夜中の2時頃は寝たほうがいいね。私も普段は夜中の1時に仕事切り上げて眠るんですよ。今日はたまたま遅かったの。あなたを送ったら帰ります。

-きちんとご飯を食べて美味しいと思えること

-空を見て晴れていたら気持ちいいなぁと思えること

-その二つさえできれば、大丈夫。きっと、あなたはあなた自身を守っていけますよ

そこまでお話して、到着しました。

「もし、自分の生き方が間違っているのかなと悩んだときは、さっき話したご飯と空の話だよ。
それが感じられないときは、会社を仮病使って休んだりしてみたらいい。
きっとまた、感じられるようになるから。」

そう言って、タクシーのおじさんは、

「もう夜中だからそんなにたくさんの時間は眠れないだろうけど、朝までぐっすり寝るんだよ」
と言って、お釣りを返してくれました。

夜中の3時半頃の帰宅でしたが、お話しすることで肩の力も抜けて、その日はとっても気持ち良く眠りにつけました。

たまに、夜中のタクシー運転手さんには、こういう神様みたいな人がいます。
また、会いたいな。

【スイス・フランス】ストラスブール(フランス):ノートルダム大聖堂の佇まいに息をのむ

この記事の続き

2016年10月の終わりに尋ねたフランス・ドイツ・スイスの備忘録、公開忘れていたので、投稿しちゃいます。ででん。
yuki-kuriyama.hatenablog.com

EURAILに乗っていると簡単に国境を越えている、面白さ

スイスのバーゼル中央駅(Basel SBB)から、またEURAILで北に1時間50分ほど揺られますと、フランスはストラスブールに到着です。
ここはフランス語圏ですが、ドイツ語も周りでたくさん聞こえました。

バーゼルで走り回って国境横断してから乗ったので、ついたらすっかり夕方でした。
ストラスブールの駅は、球体っぽい、モダンな作り!

町並みは、ドイツ・フランス両方がミックスされたような感じ。個人的には、おうちなどの建築物はドイツ寄りだな~と感じました。
川を渡ると、白黒ベースの木骨組みの建物がひしめいております。ここを「Petit France(プチ・フランス)」と言うのだそうで。かわゆい~!
大きな広場、夕方だけれど人でいっぱい。

ノートルダム大聖堂、この荘厳な存在感

このノートルダム大聖堂は、かつては世界一高層だった巨大なゴシック建築です。
300年近くというとんでもない歳月をかけて作られた大聖堂。どうやって今の工作機械なしで作ったのよ?と、息をのみました。
f:id:yukikuriyama:20170518155644j:plain
f:id:yukikuriyama:20170518154514j:plain

大聖堂の中身をちょっとだけ……

美しく細かな彫刻に飾られる正面や内装、4600枚以上あるステンドグラス、装飾の施されたパイプオルガン、流麗でした!
f:id:yukikuriyama:20170518154449j:plain

世界最大級でからくりのある天文時計

動いている時に見られなかったのが、残念ですが。ちなみに、時間になると、イエス・キリストと使徒が現れるそうです。youtubeで見つけましたので、気になる方はチェックして、時間も加味して訪問してみてくださいませ。
f:id:yukikuriyama:20170518154527j:plain

流麗さ、荘厳さにぽかんとして、外に出たら、もうとっぷりと日が暮れて、でもでもノートルダムの存在感は、こんなにも。

一見の価値、ありです!今度はいつか、昼間のストラスブールを楽しみたいな…!

【スイス・フランス】バーゼル:チューリッヒから1時間の鉄道旅で、フランス・ドイツにお散歩できちゃう面白い街へ

旅日記とか書いてみる

スイス旅行に行ってきたので、備忘に数記事に分けて書きまーす。

スイスのアルプスあたり以外の街については、個人旅行先としてはニッチなため、ブログなどでの実際に旅行した方のナマの情報が少ないんですよね。*1
ですので、スイス近辺にこれから旅行される方の情報になれば幸いです。

…とかってお堅いモチベーションもなくはないのですが、一緒に行った人をリアルライフで公にできないから、こちらの匿名で書きたくなっちゃったのさ。

一緒に行った人のFacebookにいいね!を押下する*2というビターアンドスイートなリアルライフ。
そう、これもまた人生。
旅は道連れ、世は情け。いつかきっと急にくるだろう分かれ道、そこまでご一緒致しましょ。

ってわけで、はじまりはじまり。

yuki-kuriyama.hatenablog.com

バーゼルは面白いロケーション

バーゼルはスイスの街です。
さて、私の雑な絵をごらんください。
バーゼル北部では、ライン川を隔ててフランスとドイツと国境を三分しています。日本人的にこの国境線、まじ意味不明。
f:id:yukikuriyama:20161121135445p:plain

シェンゲン協定」でEU加盟国とスイス間はパスポートなしで行き来できます。
*3
よってもって、ただうろつく観光客は、徒歩とトラムで3カ国を移動できてしまうのです。
島国日本人としては、なんとも面白い環境です。
フランス語・ドイツ語・英語が飛び交う街。そりゃマルチリンガルになりますわな。

チューリッヒ中央駅からバーゼルまで1時間の鉄道旅♪

チューリッヒ中央駅(Zurich HB)はこんな感じです。でーん!

バーゼル行きの片道チケット購入*4して、行ってきます。

英語・フランス語・ドイツ語の言語選択がトップ画面にある自動発券機か、チケットカウンターで買えます。
カウンターですと、待ち時間があるかもしれませんので、操作わかる場合は発券機をおすすめします。

バーゼルSBB駅に到着

チューリッヒから鉄道の旅、およそ1時間ほどでバーゼルSBB駅に到着です。

バーゼル国鉄駅を出るとすぐトラムの駅があります。

8番線のトラム、終点まで約25分間の移動(スイス国境→ドイツ国境)

8番線の、Weil am Reine行を見つけて、終点までのんびり。

Weil am Reineで降りると、ドイツ国境超えちゃってる!


目印的な建物、Rhein Center

降りてすぐの左手に、Rhein Center(ラインセンター)っていうライン川沿いのショッピングモールがあります。
黄色くてドーンとたってるのですぐわかりますよ。

バーゼル(スイス)の物価高いため、皆様こちらのドイツ側まできて買い物されてます。赤ちゃんおむつとか食料買いまくってました。
後は後述しますが、フランス側のちっちゃい可愛いHuningue(ユナング)って街の方も橋を歩いてやってきて買い物されてます。

フランス国境越え、橋を徒歩で行ってみよー♪

目印これ。Rhein Centerの目の前にあります。

この目印の先にライン川があり、ライン川にかかる橋があります。

3-5分もかからないでフランス側まで渡れます。てくてく歩きましょう。
ライン川には白鳥もいて、ヨーロッパって感じが楽しめました。

渡ると、フランスHuninue(ユナング)の街

フランス国境側なのでこころなしか町並みが異なります。

帰りはトラムの逆側に乗って、戻ります。

こちらの旅程のトラムは片道25分くらいなので、街を歩いて散策する時間含め2時間くらいのお散歩でした。

バーゼルの街自体の写真も載せたいので、旅日記は、たぶん続くっ!

*1:私が旅行前に読ませて頂きましたのは次のブログです。http://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-859.html http://blog.goo.ne.jp/nanamaru_2010/e/45fcf6aad980ada36116ec2c745b6470

*2:「押下する」ってこれなんてITコンサル的

*3:生活精肉などを買う場合は、国が違いますので税関審査あります。詳しくは存じ上げませんが、数量制限などもあると聞きます。

*4:また、スイスに限らずですが、ヨーロッパの鉄道チケットは、インターネットで事前購入すると当日購入よりも安くなります。 事前に旅程組める場合は、EURORAIL(http://m.raileurope-japan.com/)でオンライン購入したり、旅行会社さんにお願いするとよろしいかと。