読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

【スイス旅行記】 バーゼル①:チューリッヒから1時間の鉄道旅で、フランス・ドイツにお散歩できちゃう面白い街へ

旅日記とか書いてみる

スイス旅行に行ってきたので、備忘に数記事に分けて書きまーす。

スイスのアルプスあたり以外の街については、個人旅行先としてはニッチなため、ブログなどでの実際に旅行した方のナマの情報が少ないんですよね。*1
ですので、スイス近辺にこれから旅行される方の情報になれば幸いです。

…とかってお堅いモチベーションもなくはないのですが、一緒に行った人をリアルライフで公にできないから、こちらの匿名で書きたくなっちゃったのさ。

一緒に行った人のFacebookにいいね!を押下する*2というビターアンドスイートなリアルライフ。
そう、これもまた人生。
旅は道連れ、世は情け。いつかきっと急にくるだろう分かれ道、そこまでご一緒致しましょ。

ってわけで、はじまりはじまり。

yuki-kuriyama.hatenablog.com

バーゼルは面白いロケーション

バーゼルはスイスの街です。
さて、私の雑な絵をごらんください。
バーゼル北部では、ライン川を隔ててフランスとドイツと国境を三分しています。日本人的にこの国境線、まじ意味不明。
f:id:yukikuriyama:20161121135445p:plain

シェンゲン協定」でEU加盟国とスイス間はパスポートなしで行き来できます。
*3
よってもって、ただうろつく観光客は、徒歩とトラムで3カ国を移動できてしまうのです。
島国日本人としては、なんとも面白い環境です。
フランス語・ドイツ語・英語が飛び交う街。そりゃマルチリンガルになりますわな。

チューリッヒ中央駅からバーゼルまで1時間の鉄道旅♪

チューリッヒ中央駅(Zurich HB)はこんな感じです。でーん!

バーゼル行きの片道チケット購入*4して、行ってきます。

英語・フランス語・ドイツ語の言語選択がトップ画面にある自動発券機か、チケットカウンターで買えます。
カウンターですと、待ち時間があるかもしれませんので、操作わかる場合は発券機をおすすめします。

バーゼルSBB駅に到着

チューリッヒから鉄道の旅、およそ1時間ほどでバーゼルSBB駅に到着です。

バーゼル国鉄駅を出るとすぐトラムの駅があります。

8番線のトラム、終点まで約25分間の移動(スイス国境→ドイツ国境)

8番線の、Weil am Reine行を見つけて、終点までのんびり。

Weil am Reineで降りると、ドイツ国境超えちゃってる!


目印的な建物、Rhein Center

降りてすぐの左手に、Rhein Center(ラインセンター)っていうライン川沿いのショッピングモールがあります。
黄色くてドーンとたってるのですぐわかりますよ。

バーゼル(スイス)の物価高いため、皆様こちらのドイツ側まできて買い物されてます。赤ちゃんおむつとか食料買いまくってました。
後は後述しますが、フランス側のちっちゃい可愛いHuningue(ユナング)って街の方も橋を歩いてやってきて買い物されてます。

フランス国境越え、橋を徒歩で行ってみよー♪

目印これ。Rhein Centerの目の前にあります。

この目印の先にライン川があり、ライン川にかかる橋があります。

3-5分もかからないでフランス側まで渡れます。てくてく歩きましょう。
ライン川には白鳥もいて、ヨーロッパって感じが楽しめました。

渡ると、フランスHuninue(ユナング)の街

フランス国境側なのでこころなしか町並みが異なります。

帰りはトラムの逆側に乗って、戻ります。

こちらの旅程のトラムは片道25分くらいなので、街を歩いて散策する時間含め2時間くらいのお散歩でした。

バーゼルの街自体の写真も載せたいので、旅日記は、たぶん続くっ!

*1:私が旅行前に読ませて頂きましたのは次のブログです。http://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-859.html http://blog.goo.ne.jp/nanamaru_2010/e/45fcf6aad980ada36116ec2c745b6470

*2:「押下する」ってこれなんてITコンサル的

*3:生活精肉などを買う場合は、国が違いますので税関審査あります。詳しくは存じ上げませんが、数量制限などもあると聞きます。

*4:また、スイスに限らずですが、ヨーロッパの鉄道チケットは、インターネットで事前購入すると当日購入よりも安くなります。 事前に旅程組める場合は、EURORAIL(http://m.raileurope-japan.com/)でオンライン購入したり、旅行会社さんにお願いするとよろしいかと。