UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

【スイス・フランス】ストラスブール(フランス):ノートルダム大聖堂の佇まいに息をのむ

この記事の続き

2016年10月の終わりに尋ねたフランス・ドイツ・スイスの備忘録、公開忘れていたので、投稿しちゃいます。ででん。
yuki-kuriyama.hatenablog.com

EURAILに乗っていると簡単に国境を越えている、面白さ

スイスのバーゼル中央駅(Basel SBB)から、またEURAILで北に1時間50分ほど揺られますと、フランスはストラスブールに到着です。
ここはフランス語圏ですが、ドイツ語も周りでたくさん聞こえました。

バーゼルで走り回って国境横断してから乗ったので、ついたらすっかり夕方でした。
ストラスブールの駅は、球体っぽい、モダンな作り!

町並みは、ドイツ・フランス両方がミックスされたような感じ。個人的には、おうちなどの建築物はドイツ寄りだな~と感じました。
川を渡ると、白黒ベースの木骨組みの建物がひしめいております。ここを「Petit France(プチ・フランス)」と言うのだそうで。かわゆい~!
大きな広場、夕方だけれど人でいっぱい。

ノートルダム大聖堂、この荘厳な存在感

このノートルダム大聖堂は、かつては世界一高層だった巨大なゴシック建築です。
300年近くというとんでもない歳月をかけて作られた大聖堂。どうやって今の工作機械なしで作ったのよ?と、息をのみました。
f:id:yukikuriyama:20170518155644j:plain
f:id:yukikuriyama:20170518154514j:plain

大聖堂の中身をちょっとだけ……

美しく細かな彫刻に飾られる正面や内装、4600枚以上あるステンドグラス、装飾の施されたパイプオルガン、流麗でした!
f:id:yukikuriyama:20170518154449j:plain

世界最大級でからくりのある天文時計

動いている時に見られなかったのが、残念ですが。ちなみに、時間になると、イエス・キリストと使徒が現れるそうです。youtubeで見つけましたので、気になる方はチェックして、時間も加味して訪問してみてくださいませ。
f:id:yukikuriyama:20170518154527j:plain

流麗さ、荘厳さにぽかんとして、外に出たら、もうとっぷりと日が暮れて、でもでもノートルダムの存在感は、こんなにも。

一見の価値、ありです!今度はいつか、昼間のストラスブールを楽しみたいな…!