UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

みんな誰かを心の中に棲まわせて、その人もまたあなたに会いたくて

劇団暴創族さんの『瑠璃色花火物語』(ネタバレなし)

2017年4月に大塚は萬劇場で公演されていた、『瑠璃色花火物語』の観劇記録でございます。

ざっくりしたストーリー

漁港のある町で、「何年かに一回、もしかしたら見ることができるかも‥」「一緒に見られた二人は結ばれる」と有名な”瑠璃色花火”。
花火シーズンに漁港の町のお宿は、瑠璃色花火観たさのいろんな人が集まってきて‥という、群像劇です。

「ハートフルコメディ」と銘打たれておりますが、なんてその言葉の通りなんだろ!と、そこにもまた感動しつつ、膝を打ちました。

複数の謎の伏線が張ってあり、「あれ‥もしかしたら‥いや‥?」とジワジワと観客に予期させるものの、ギリギリまで明確なファクトを提示してくれないのです(※これは賞賛です!)。
飽きるなんて全く1秒もないまま、エンディングまで、観客を魅せるんだものー。
私は後半にいくつかの謎に対する伏線が回収されるまで、「ほんとのこと」に気づきませんでした。

腐っても家族、腐らなくても家族

  • 花火職人の優しいお父さん
  • 「海で溺れて死んでしまった」お母さん
  • 四人のキャラそれぞれで、魅力的な娘たち
  • 長女の産んだ男の子
  • 行かず後家のおばさん

花火工場のユーモラスな人々

  • ヤンキー上がりの花火職人
  • 花火工場の仕事をサボる中国人夫婦(奥さん臨月)
  • 中金の腰が低い営業の兄ちゃん

お宿にやってきた変な客

  • ぱっと見不倫?みたいな熟女と若い男
  • 有名カメラマン
  • なんだかやたら花火工場で働きたがる兄ちゃん

大家族と花火工場の人たちと、お客さんたちのユーモラスでハイカロリーなやりとり

で、ひたすら飽きさせない!という非常に勢いが強ーい。
他人と家族の境目があるようでなくて、みんな時に暴言と本音を交えながらの日々の交流。
家族とすら本音を言わない、腹を割って話さない私にとっては、ユーモラスでハイカロリーなやりとりを見て、ちょいとだけぎくっとする。

「恋」と名前がつく前の、あの心がきゅってなる気持ち

汚れっちまった大人のワタクシは、年の近い甥っ子ソーシくんと、おばにあたるあのコに、ときめいたったらなかったですよ。
小学生の限りなく恋に近いあの気持ちって、せいぜい「あんたなんか嫌い嫌い!」って言いまくるか、いじめるかしかなくて、でも相手が気になって仕方がない、って、ああそんな感じだったよ‥!優しさなんて相手が転んで怪我した時とか本気で泣いちゃった時にしか差し出せなかったよ‥ぐす。

限りなく身内なのに身内じゃなくてやきもきする、恋愛と家族の間

  • カメラマンとしての再起を果たしたいパパラッチみたいなことしてる青年
  • 口うるさくてでも応援してる女の子

気心知れすぎちゃって、甘い言葉を言ってあげることもできなくて、相手が頑張れない時にどうにか背中を押してあげたくて、つい言い過ぎちゃう。限りなく家族なのに家族になれない、恋愛かと言われたらそうでもないし、友情でもない。
大人になっちゃった男の子と女の子の、行き先は‥?

みんな誰かを心の中に棲まわせて、棲んだその人もまたあなたに会いたくて

ラストは、かけがえのない誰かとした果たせなかった「約束」がある人や、心の中に今はもう会えない誰かが棲んでいる人なら、きっと涙したんじゃないでしょうか。
ずっと笑わせて、最後に泣かせて、劇団暴創族さん、ずるい~!