UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

コマエンジェル公演『幾星霜OKAWARI』~すべての女にあった「いつか」と私の「これから」を見た気がした

京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」の「幾星霜 OKAWARI」を、5/28に観劇した、その備忘録です。
2016年9月に上演された「幾星霜」の再演だそう。

「女性の強さ」を感じる二重の構造が素晴らしい

「コマエンジェル」の由来は、発足当時にC・ディアス版の『チャーリーズ・エンジェル』があったからとどこかのインタビュー記事で読んだ。
でも、コマエンジェルの皆さんは、本当にエンジェルだ!と。

(1)『幾星霜』のストーリー自体(2)演者のコマエンジェルの皆さん自体も、「女性の強さ・バイタリティ」を観客に感じさせる。
(1)と(2)の二重構造になっており、なんて素晴らしい舞台コンセプトなんだろうと、このコマエンジェルの皆さんじゃないと達成できないテーマだなと。

(1)『幾星霜』のストーリー自体

■舞台の概要、ざっくり

この舞台は、一人のおばあさんの一生を振り返る、というもの。
子供時代、女学生時代、踊り子時代、花嫁時代、新婚時代、ママ時代、オバチャン時代・・・と、
一人の女性の人生の流れを、笑い9割・涙1割な感じで、コマエンジェルの皆さんが顔芸を細かく入れながら、歌い・舞い踊る舞台!
ちなみに”幾星霜”というのは、長い年月をさす言葉だそうです。人生の年輪ですね、まさに。

■すべての女にあった「いつか」と私の「これから」を見た気がした

お母さんもおばあちゃんもひいおばあちゃんも…全ての女性に、子供時代があり、若い女の子の頃、頑張って働いた頃、嫁いだ頃、子育てをした頃、オバチャンとして多少自由になった頃、そしておばあさんになっての晩年があるということ。

自分にとっての関係性のラベルで、一人の女性を「母」「叔母」「祖母」「義理の母親」…とみていると、その女性の人生の年輪の1本1本に想像をめぐらすことは、あまり機会は多くない。
この舞台を見た観客は、自分を取り巻く女性の年輪に、人生に、思いを巡らせずにはいられない。

そして、観客が女性であれば、自分の「今まで」と「これから」を振り返ったり垣間見る機会にも。
私はまさに30代、いわゆる「壮年期」に位置しているので、この劇では頑張って働き戦いに戦いを重ねる踊り子時代といったところ。
この舞台での主人公の女性は、踊り子時代、靴に画びょうを入れられてもめげないでトップダンサー目指して頑張ったそうですが、
私も画びょうは入れられないけれど、「負けね~!」と思って日々働いているので、共感of共感。

(2)演者のコマエンジェルの皆さん自体

■コマエンジェルの皆さんの今までの人生を、想像せずにはいられない

「女性の強さ」とは何か

色々要素はあるとは思うけれど、この舞台から導くなら、
「女性の祈りの強さ」や「割り切りの男らしさ」の共存した状態だとか、いつも生き方・優先順位が変わっても笑っている柔軟性・タフさなんじゃないかなと思う。
他者である観客にとっては、そういったものを、どっかしらの「畏怖」「神々しさ」に似た何か として受け取る。そんな舞台、そんな演者の皆さん。

ね、コマエンジェルって、ホントに「エンジェル」でしょ?