UOUSAOU

右往左往するアラサ―女子の、気ままな備忘録・雑記です。

肉食ったらアナフィラキシーショック起こして死にそうになった話

■人生ワースト1ってくらい、衰弱なう

ある食事をきっかけに、アナフィラキシーショックを起こし、現在静養中です。
アナフィラキシーショックからおよそ一週間たった今も、衰弱しきっているので、ライフログとして記録しておきたい。
※今回はただのファクトと考察だけで、感慨だとかそういうものは皆無の記事です。※

アナフィラキシーを起こす3週間前に、その兆候はあった

とある食品を食べてから4-6時間後、両顎にアトピーみたいな湿疹がぽつぽつと4-5個ほど発生した。思えば、それが予兆だった。

水や汗ですら染みる紅疹で、幼少期に短期ではあるけれど小児アトピー経験もあったこともあり、
「うわー今年の猛暑で免疫下がってるんだろうな……アトピーの再来かな……」と落胆しつつ、こんなツイートもしていた。

数日経ってもなかなか水や汗の染みる感じがなくならないので、
「うーん、アトピーじゃない気がする……」
となんとなく皮膚科を受診した。

お医者さんには、
「遅発性アレルギーです、アトピーではありません。歯列矯正をしているみたいので、金属アレルギーの可能性もありますが、花粉症があるのなら、十中八九食物アレルギーだと思います。とにかく検査結果が出るまでは思い当たる食品は食べないでいてください。アレルギー抗体検査の結果はお盆前後に出します」
と言われた。
処方としては、抗ヒスタミン薬としてタリオンとキンダベートというステロイド軟こうをゲットした。

■そういや「微弱ですが、小麦アレルギーです」と診断を受けていたわ私

そのため、私は両顎が荒れたアレルゲンは「小麦かな……」と思っていた。なぜかと言うと、会社近くでボロネーゼパスタを食べた後に両顎が荒れたから。
「おいおい、小麦なんてなんにでも入ってるでねーか!」
と絶望し、ほぼ断食状態で10日を過ごした。その甲斐あってか、私の顎のアトピーっぽい湿疹は消えた。

■そして更に一週間ほどが経った頃、私は外食に行った。

それでも、「小麦はあかん……」とものすごく慎重に食べ物を選んだ上で、「おいしーい♡」と舌鼓を打って楽しんだ。

ところが、食後4-6時間が経った夜中、私の両顎のアトピーっぽい湿疹が前回の比でないくらい内部から外に掻き出るような痛痒さとともに復活!

それと同時に、喉や歯茎が腫れ、瞼の裏が真っ赤になり、体全体に悪寒が走り、微熱が出た。
なんか喉が死ぬほど痛いし声も出ない!血圧も下がってる感じがする!て言うか息が苦しい!ぶぇえええ?!
「これは絶対おかしい……アナフィラキシーか?」
と、本能的に違和感と恐怖を感じたので、夜中ではあったけれど、近しい医師に事のいきさつを話し、肌や喉を診てもらった。

彼の診断は、
アナフィラキシー。今度は死ぬかも、かなり重度。食事内容を聞いた感じ、小麦ではなく、おそらく○○(食物名)。」
と言って、エピレン(アナフィラキシーショックを起こしたら、太ももにぶっ刺す注射)もあわせて処方してくれた。

アナフィラキシーからおよそ一週間が経った本日の体調

いまだかなり最悪って感じ。

  • ヒスタミン薬の効き目が切れるとどうやら熱がぶり返す。
  • 首と脇のリンパが腫れまくっている。少し触るだけで痛い。
  • 瞼や喉など粘膜という粘膜が赤くなっている。
  • 倦怠感が半端ない。
  • 体力がものすごく落ちていて、2-3時間家の外に出るとその日はもう疲労困憊している状態。

■夏バテ&疲労&心労の三連コンボが最悪だった仮説

週次で通っている鍼灸でも7月頃から、「ユキさん、首のリンパが腫れているけれど、体調はなんでもないのですか?ひどい風邪など注意してね。普通ではない腫れですよ。」と言われるなど免疫がおかしい兆候もあった。

この半年間、諸事情により、「激務バッチコイ!」とかってtweetしながら、三十路のおばさん初級にはなかなかしんどい労働が重なっていた。

そして、極めつけはこのブログの前ポストはこんなヘビーな話なわけで、ここ2.5年はプライベートで端的に慢性的に心労が蓄積していたに決まってるわけで。(これを私は「死別疲れ」と呼んでいる。)
yuki-kuriyama.hatenablog.com
yuki-kuriyama.hatenablog.com

■心身健やかに過ごすことの難しさ

ショック症状が和らいだら、アレルギーとうまく付き合うために色々と模索をしたい。
仕事もしばらくセーブさせてもらえることになったので、ホントよかった。
普通に考えたらあと50-60年生きるので、食べてはいけない食べ物ができたことは悲しいけど、受けいれて天寿を全うできるようにマジで気をつけようと思う…。

■みんな発症しうるから、気をつけて。

アナフィラキシー起こした食材は今まではアレルギーを起こすと診断はされていなかった。
それでも心身疲労などが重なって見事突然開花しやがったので、アナフィラキシーって他人事ではない気がします。

激務社畜の皆さん、育児疲れのお母さん、その他もろもろ健康を揺らがせながら人生頑張ってる人、マジで気をつけてね…!